MENU

HOME  >  Latest News  >  新型コロナウイルス感染症に関して

新型コロナウイルス感染症に関して

お知らせ2020.04.16

1.当クリニックでは、新型コロナウイルス感染防止のため、付き添いの方を含む全てのご来院の方に、クリニック入口において渡航歴・感染者接触歴の有無と症状の有無をお伺いし、検温をさせて頂いています。症状により診察室、待合室、診察方法・順番が通常と異なることがあります。
その際、新型コロナウイルス感染の疑われる場合は、シンガポール保健省の指示により政府指定病院への搬送とさせて頂くことがありますので、ご理解とご協力をお願い致します。
当クリニックでは新型コロナウイルスの検査、治療は出来かねますので、あらかじめご承知ください。

2.下記に該当する方は、受診の前に電話でご連絡ください。

=================================================
発熱がある/無いにかかわらず風邪症状(咳、鼻水、無嗅覚症、喉痛、痰、身体の痛み、倦怠感等)があり、または息苦しさを伴う呼吸器症状または肺炎様症状があり、且つ、発症前2週間以内に:
①海外からシンガポールに到着された方、または、

②新型肺炎患者に濃厚接触(「介助・看護した」、「同居している」、「同席した」、「同室だった」、「応対した」等)の機会があったかた、または、
③外国人労働者寮(Foreign Worker Dormitory)に滞在された方
=================================================

3.上記に該当する方は、移動の際などの周囲への感染を防ぐため、対応できる最寄りのクリニック(Public Health Preparedness Clinic (PHPC))の受診もご検討ください。
受診の際は事前に電話で状況(*)をお伝えください。

【Public Health Preparedness Clinic (PHPC)】
https://www.flugowhere.gov.sg/

・「Search nearby」タブでStreet nameまたはpostal codeを入力して「Go」ボタンをクリックすると、画面下に最寄りのPHPCが表示されます。

・「Search by clinic」タブでクリニック名を入力して「Go」ボタンをクリックすると、そのクリニックがPHPCであるかどうかが下に表示されます。

PHPCの詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.gov.sg/article/i-am-showing-respiratory-symptoms-where-should-i-go

4.緊急を要する容態の患者さんは救急車による搬送を要請してください。救急車の電話番号は995です。電話の際に状況(*)を伝えてください。

(*)状況: 渡航歴、症状(発熱 fever、咳 cough、鼻水 runny nose、無嗅覚症anosmia、喉痛 sore throat、痰 sputum、息苦しさ breathlessness、身体の痛み body aches、倦怠感 malaise、等)、渡航歴、肺炎患者との濃厚接触歴、集団感染発生個所への訪問歴など

5.当クリニックの健康診断、理学療法、婦人科、医療検査、歯科等のご予約のある方で、ご本人または同居される方の中にStay-Home Notice (SHN) 、Leave of Absence(LOA)、Home Quarantine Order (HQO)、急性呼吸器症状による診断書の発行(MC)を受けた方がいらっしゃる場合は、SHN/LOA/HQO/MC期間後への日程の変更をお願い致します。

6.当ビルParagonのMedical棟の入り口において、ビル管理会社による体温スクリーニングが行われています。
体温37.5℃以上の場合は、その場で再検温と健康申告書への記入が求められますので、あらかじめご承知ください。


上記内容は改定されることがあります。
ご不明の点がありましたらお問い合わせください。


(2020年4月16日改定)


一覧へもどる