MENU

HOME  >  Latest News  >  インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種

お知らせ2018.09.26

インフルエンザは普通の風邪より感染力が強く、重症化することのある病気です。乳幼児、呼吸器系疾患のある人、糖尿病や心臓病などの慢性疾患のある人、高齢者は特に注意が必要です。

<インフルエンザ予防接種 要項>

◆対象年齢
生後6ヵ月以上 (13歳未満のお子様は1ヵ月間隔で2回接種)

◆日時
月~金 09:00~11:00、14:30~16:00

◆予約
本院: 以下の方はご予約をお願い致します。その他の方はご予約不要です。
●シンガポール以外の国にお住まいの方 
●土曜日など上記以外の日時をご希望の方
●外国籍の方(医師登録の関係でLoh Ban Chye医師またはLee Kai Xin医師が担当させて頂きます。)

※ご予約のある方も原則として受付順になり、待ち時間が生じることがございますので、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

シティ分院: ご予約のある方を優先させて頂きます。
※2歳以下の方は小児科医師の在籍する本院をご利用ください。

◆ご注意
※お子様の接種の際は母子手帳をお持ちください。
※何かアレルギー(特に卵や鶏肉など)のある方は必ず医師にご相談ください。
※ワクチン接種後、接種部位の腫れや発熱などの副作用が現れることがあります。また、稀に重篤な症状が起こる可能性もあります。そのため、予防接種の意義とリスクをよく理解し、個人のご判断でお受け頂きますようお願い致します。
※他の予防接種とは一週間以上の間隔を空けましょう。
※ワクチン接種後、抗体ができるまでに2週間ほどかかりますので、日本など北半球地域への旅行や受験に備えて接種される予定の方は、早めに接種しましょう。
※ワクチンを接種をしても必ずしもインフルエンザの発症が抑えられないことがありますが、症状は軽減されると考えられています。
※状況によりワクチン在庫に限りが生じることがございますのでご了承ください。

一覧へもどる